電動カート

【高齢者の足として】シニアの電動カートは運転免許は不要なので返納後でも運転できる便利なマシン

更新日:

電動カートは運転免許は「歩行者」扱いになるため、自動車の運転免許などは不要で運転できます。

足腰が弱くなってきた高齢の親の足として、活用できるかもしれませんね。

今回は高齢者の足として「シニアの電動カートは運転免許は不要なので返納後でも運転できる便利なマシン」であることをお伝えしていきます。

電動カートのポイント

  • 電動カートは自動車の運転免許などライセンスは不要
  • そのため運転免許を返納した高齢者でも運転可能
  • 運転経歴証明書自主返納により割引がある
  • 対人事故や対物事故を補償する専用の保険もある

自動車の運転経験がなくても運転可能

電動カートは自転車のように転倒するおそれもないうえに、自動車の運転経験がなくても運転可能です。

もちろん、基本的な交通ルールは必要ですが、日常生活ですでにあるような常識的なものでOKです。

いちおう法律上、道路上では歩行者扱いとなります。

運転免許を返納しても走行できる

運転免許証がなくても走行ができる、ということは免許証を返納している人でも走行できるというわけです。

ここでお得なのが、運転経歴証明書自主返納により割引があるブランドもありますので、もし電動シニアカートの購入を自動車の代替で検討しているのならオススメです。

免許を返納して車の無い生活になったとしても、買い物や外出は減らないですよね。

そんな時に、高齢者の足として活躍するのが電動カートなのかもしれません。

電動カートにも保険がある

電動カートは歩行者扱いになるということ、免許証を返納後でも運転できるのはメリットなのかもしれませんが、怖いのがトラブル時。

誰しも保険はどうなっているのかな?

って思うでしょう。

実は電動カートを販売している「SUZUKI(スズキ)」では「スズキ電動車いす保険」という保険商品を用意しています。

災害による電動カート車体そのものの補償、ケガの補償、その他電動カート以外の交通機関に乗っているときの事故なども補償されます。

また、いちばん重宝するのはやはり、対物事故などですね。

賠償補償も備えています

スズキ電動車いす保険」では、高齢の電動カート運転者が対物事故を起こしてお店のガラスを破損したり、対人事故を起こしてケガをさせてしまったときも、補償されます。

注意

※あくまでも当ウェブサイトが調べてまとめた解説なので、保険商品などの難しいサービス内容や補償される詳しい内容は公式サイトなどでご確認ください。

まとめ

  • 電動カートは自動車の運転免許などライセンスは不要
  • そのため運転免許を返納した高齢者でも運転可能
  • 運転経歴証明書自主返納により割引がある
  • 対人事故や対物事故を補償する専用の保険もある

自転車と同じく電動カートは免許がいりません。

しかし、今後増える高齢者社会や、自動運転車の標準化などで電動カートに乗る高齢者が増えてくると、自然と事故も増えてきます。

そうなったときにもしかしたらライセンス制になり、この人は購入してもOK、この人はダメ、みたいな状況にもなるかもしれませんね。

-電動カート

Copyright© 老後コネクト , 2018 All Rights Reserved.